合同会社の仕組み解説

信用度

 

株式会社と比較した場合、信用度は高くない
(株式会社と比較した場合) 合同会社は2006年、会社法により施行さ れたばかりの比較的新しい会社形態です。
株式会社と比較すると、どうしても認知 度が低く、取引先や金融機関からの信用 度は劣ります。

 

最高意思決定機関

 

出資者
株式会社と比べると出資者の権利が明確 でないため、資金調達が難しくなるデメ リットを含んでいます。
また出資者の加入は、出資者全員の同意 が必要なため、広く出資者を募るのには 不向きです。

 

業務執行機関

 

出資者
(出資者の中から業務執行社員を特定す ることも可能)出資者は、基本的には業 務執行権を有しており、迅速で柔軟な会 社経営方針の選択が可能で
す。

 

取締役の任期

 

制限なし
合同会社では、役員の任期が無制限です。
株式会社の場合、任期満了の度に役員変 更登記の必要がありますが、合同会社は その手間が発生しません。

 

計算書類の公告義務なし

 

設立料金

 

合計6万円
(登録免許税6万円、定款認証代なし)
※電子定款の場合

 

大きな違いとして、株式会社の方は社会的信用度が高く、その分だけ出資者を募って資金調達することに有利で、取引先とのやり取りもスムーズであるということです。

 

逆に合同会社のメリットは、出資者間の合意で意思決定を行うことができるため、迅速で柔軟な経営が行うことが可能であり、設立料金が安いことです。

 

【おすすめ】


このページの先頭へ戻る