会社名の決め方

会社名の決め方

 

覚えてもらいやすい会社名をつけることが大切です。
難しい漢字や読み方がわからない当て字などは賢明ではありません。あなたの取引先と長くお付き合いしていく中で後々、経営にも差し支えが出てくるでしょう。
覚えてもらいやすい。
わかりやすい。
聞き取りやすい。
この条件が大事です。
商品名、ブランド名や事業内容をそのまま会社名にするのも1つの方法です。

 

資本金の決め方

 

業種にもよりますが、目安として半年間会社を運営していけるだけの資本金がよいでしょう。
具体的には300万円から1,000万円が相場です。
2006年の会社法で、資本金が1円でも会社を設立することができるようになりまし た。
法律的には違法ではないのですが、inQupでは1円で起業することをお勧めしておりません。
なぜなら「起業をする」ということは、これからビジネスを始めようということ。
そしてビジネスは社会に貢献する、ということだからです。
資本金は会社がビジネスを進めていくために必要な、基本となる「財産」です。
会社はこの資本金を元に、運用し、利益を上げて、社会に貢献していくのです。
資本金から会社の運営に必要なオフィス、倉庫などの不動産契約、パソコン、机などの事務用品、さらに従業員の給料や家賃といった運転資金を捻出しないとなりません。
これらのものが1円でまかなえるでしょうか。
現実的に購入できるものは何ひとつありません。
会社の備品を一つ購入しただけで、資本金が1円の会社は債務超過になります。

 

【おすすめページ】農事組合法人 設立 東京都 杉並区 行政書士


このページの先頭へ戻る